1:◆S.PtdgMO6E65h
もう数えきれないぐらいに存在するドラゴンボールの矛盾点に、無理やり理屈をつけたりフォローを入れたりするスレやでー。
なお、「超」や「GT」についてはとりあえず別で考えるンゴ。
3:名無しさん@おーぷん: iD3
チャオズと悟空は話した事無いんだっけ?
4:名無しさん@おーぷん: xyX
地球人最強議論はクリリン説と天津飯説にわかれるが
18号のほうが強いのではないか
5:名無しさん@おーぷん: TYx
超サイヤ人になりながらの元気玉


関連記事
ドラクエの時系列ってどうなってるの?
8:名無しさん@おーぷん: lxe
>>5
クソソソにも制御できたし、多少はね?
6:名無しさん@おーぷん: iD3
クリリンは地球からかめはめ波で月消せるかな?
7:◆S.PtdgMO6E65h
【太陽拳は別に拳ではないのでは?】

さて、まずは技のデパート天津飯である。

太陽拳は作中であらゆる人物に使われていたが、明らかにパンチ系の技ではない。
にもかかわらずなぜ「拳」なのか?
それはこの技が「新・鶴仙流」と銘打っていることに理由がある。
おそらくは元々鶴仙人が開発したのは本当に「拳」技であったのではないか。
右手もしくは左手を著しく発光させながら敵を殴りつける技だったのだろう。
しかしこの方法には致命的な弱点がある。

太陽「拳」を使う場合、発光元は自らの手となる。
これは自分すらも太陽光の餌食となってしまう。
太陽拳を使う際は自分が目をつぶらなければならず、相手にスキを作ってしまう。しかも相手に太陽拳を食らわせる前に、である。
これでは技として成り立たない。
そこで天津飯は、自らの額を発光元にすることでこれをクリアしたのである。
これによって自らが太陽光に悩まされることはなくなったのだが、技名としては鶴仙人をリスペクトするために「太陽拳」のままとしたのであろう。
9:◆S.PtdgMO6E65h
【四身の拳】

これも天津飯の大技である。
四人に分離し、敵に攻撃を加える技である。
戦力が四等分されるという弱点こそあるものの、本来は非常に使い勝手の良い技であろう。
四人一緒にやられていたのでわかりにくいが、おそらく一人が致命的ダメージを喰らっても残りの天津飯はピンピンしていると思われる。
これならば悟空がラディッツに対して見せたような捨て身技も可能になる。

さて、この技だがこれも必ずしもパンチ系の技ではない。ではなぜ「四身の拳」という名前がついたのであろうか?
それは、この技のベースが「四妖拳」だからではないだろうか?
「四妖拳」は天津飯が悟空に使った技で、背中から腕を2本生やし、肉弾戦を有利に行う術である。
この「四妖拳」は文句なしで拳技なのだが、四身の拳はこれを発展させた技である可能性が高い。
いずれの技も自らの肉体の分身を作るという点では酷似しており、習得の方向性は同じ技であろう。
「四妖拳」を修めた天津飯だからこそ習得できた技であり、当初は「四身拳」とでも呼んでいたのかもしれない。
10:名無しさん@おーぷん: qvN
亀仙流て結局甲羅背負った筋トレとかめはめはだけじゃね?
ジャッキーが使ってた技とか、魔法みたいな超文明な技術は封印してるんかな
11:名無しさん@おーぷん: v0H
既に高校生くらいの年なのに身長が一ミリも伸びてないトランクスと悟天
12:名無しさん@おーぷん: kam
未来のトランクスがタピオンの剣持ってる
13:◆S.PtdgMO6E65h
【界王拳】

これも必ずしも「拳」技ではないにも関わらず「拳」が名前に付く技である。
やはり命名の事情は似ている。
この技は北の界王様が編み出した技であるが、物語登場時に界王様はこの界王拳を習得していなかった。
すなわち理論だけの技だったのである。
おそらく当初は「パンチ一発分だけ爆発的に強くなる技」として開発されたものだったのであろう。
これはナメック星人流派特有の「気のコントロール」を修めた悟空とは非常に相性がよく、悟空はすぐに習得に至った。
結果、本来は「パンチ一発分」だったはずのこの技は、それなりに長い時間持続し、「気を一時的に上昇させる」技へと変わったのである。
つまり用法としては、「4倍界王拳かめはめ波」が一番近かったのだ。
これも結果的に名前に「拳」を残すことになったのである。
15:◆S.PtdgMO6E65h
【悟飯はなぜ両親のように訛っていないのか】

人間における幼児期の言語習得には「母語(第一言語)」という概念がある。
これは自宅で両親が使う言語であり、まず人類はこの「母語」を真っ先に習得する。
そののちに、自宅の外で使われている言語を第二言語として習得する。
これはどこの国・地域においても同じであり、幼児期における言語習得の速さを示すものである。
さて、この「母語」と「第二言語」についてだが、これは方言においても同様である。
例えば青森の山奥で生まれ育った子供は、自宅では青森弁をつかうものの、
学校や社会が訛っていなければ標準語を使うという具合である。
悟飯の場合は、おそらく「自宅で使う言語」と「他所で使う言語」を母親が明確に分けて教育をしたのではないかと思われる。
それに加えてあの世界ではどんな山奥でもテレビが入るようであるから、テレビで話されている言葉を他所で使う言葉と理解したのかもしれない。
いわゆる外行きの「礼儀正しい言葉」として標準語を覚えたのではないかと推測される。
その証拠に、少年期悟飯は誰にでも常に敬語で話している。
これは推測だが、作中の悟空とチチと牛魔王の前では、悟飯はあの東北訛りで話しているのではないだろうか?
16:◆S.PtdgMO6E65h
【悟飯は本当に学者になりたかったのか?】

悟飯に対するチチの態度を、「虐待」とする風潮がある。
あの年齢の子供が「偉い学者さんになる」とは普通言わないので、おそらく母親が長きにわたって洗脳を施したのであろう。
チチは悟飯に幼少期からの過剰な教育を行っており、将来を勝手に決められたのではないかという話である。

これは80年代、創作物が教育に熱心な家庭を揶揄するために「塾」や「習い事」を悪者にした時代によく見られた論調である。
だが、これは必ずしも公平な評価ではない。
洋の東西、古今を問わず、親が子供に対して「こうなってほしい」という像を押し付けることは決して珍しくなかった。
むしろ「親の後を継ぎたいけど継げない」事こそが不幸であったとされる時代のほうが、確実に長かったであろう。
親に将来を押し付けられることは決して必ずしも不幸というわけではなく、そのほうが幸せになれるという事も少なくない。
さて、スタートこそ母親による洗脳だったとしても、まじめでコツコツと積み上げるタイプの悟飯には、学問が肌に合ったのだろう。
最終的には「学者さん」にはなれたわけだし、おそらくは妻子をきちんと養えるほどになれたわけだから。
すなわちこれは「悟空を学者にさせようとしたのはチチだが、最終的には自らそれを望み、大成した」のが悟飯の人生なのだ。
18:◆S.PtdgMO6E65h
【ピッコロ大魔王と孫悟飯】

作中、固い師弟の絆で結ばれるピッコロと悟飯であるが、その関係性は作中に何度も変わっている。
おそらくは当初、「道具」あるいは「武器」として悟飯を鍛えだしたピッコロであったが、
ベジータ・ナッパ襲来時には立派な師弟関係となっていた。
ナッパに怯えて何もできなかった時も口調こそ厳しかったものの、
「次は絶対に成功させろ」などのプレッシャーを与える発言はなかった。
そしてその命を、悟飯を救うために散らしてしまう場面はDB屈指の名シーンであろう。
ナメック星ではスーパーパワーを手に入れ、以来は悟飯に「下がっていろ」と言う事が多くなった。
身を挺して悟飯を助けようとする姿は、もはや大魔王ではなく、一人の「母親」のようであった。

以来、ピッコロは悟飯の保護者的な発言や行動が増えてくる。

さて、問題はセル編である。
悟空の悟飯を怒らせて真の力を解放させる作戦に対して猛抗議をしていたのはピッコロである。

「今悟飯がなにを思っているかわかるか!?
 怒りなんかじゃない!!
 なぜおとうさんは
 ボクがこんなに苦しんで死にそうなのに
 助けてくれないんだろう…
 ボクの命よりフェアな勝負のほうが大切なんだろうか……と……


この発言を見てもわかる通り、ピッコロの悟飯に対する愛情は、母親的なものである。
しかし、次に解説するが、この悟空の行動は決して鬼畜なものでも間違ったものでもなく、唯一無二の作戦であった。
この中でピッコロの発言はむしろ、「世界よりも悟飯のほうが大事なのか?」と思わなくもないのである
19:◆S.PtdgMO6E65h
【悟空の"悟飯を怒らせて真の力を解放する"作戦は本当に鬼畜なのか?】

先の考察でも書いた通り、やはりピッコロの行動は「世界よりも悟飯のほうが大事」という母親的愛情に由来する。
これに対して悟空の行動は実に父親的な「息子に対する信頼」によって成り立っていると思うのだ。
まず悟空は一度とて悟飯の「学者になりたい」という夢を否定したことがない。※アニメや映画は知らないが。。。
世界を救うための力として、悟飯の力を必要とする事情がなければ、おそらく生涯、悟飯を鍛える事すらなかったのかもしれない。

後に死亡後、「オラよりしっかりしてる」と語ったように、悟空にとって悟飯は独立した一人の大人なのだ。
その判断は彼自身のもので、そこに父親として口をはさむことはしない。
悟空がしているのはいつだって悟飯の行動を応援するものであり、後の親子かめはめ波のように息子の背中を押すものであった。
であるがゆえに、「えらい学者さんになりたいんだろ?」という発言があったのだ。
これはピッコロの「なるがいいさ。ただし1年後に来る2人のサイヤ人を倒してからな。」と全く同じ意図の発言である。

そもそも作中においてこの作戦は、セルを破り得るであろう唯一無二の作戦であり、これを外野がとやかく言うのは違うだろう。
ピッコロの「悟飯とちゃんと相談したのか」という発言も少し微妙である。
悟空としては悟飯に純粋な怒りを覚えさせる目的でこの作戦を内緒にしていたのかもしれない。
相談して悟飯に「僕怒れないよ……」などと弱音を吐かれても困るのだから。

この件で悟空の最大の失敗は、ピッコロの感情的な説教にほだされてクリリンに仙豆を要求したシーンである。
これは悟飯の信頼を裏切るものであったし、仮に実現していれば悟空の戦士としての誇りを失うものではあっただろう。
オススメ!!
悟空の「一度見た技はもう通用しない」って設定途中からなくなってるよな?
21:◆S.PtdgMO6E65h
【孫悟空は本当に"口が堅い"のか】
trunks(未来トランクス)に対して「オラは口は堅い方だ」と発言していた悟空だが、少々それは怪しい。
ブルマに対して「父ちゃんはベジータだよな、トランクス」と発言し、最もシャレにならない情報漏洩をやらかしたからだ。
※既にトランクスが生まれてしまっている以上、この情報漏洩は結果的にあまり意味がなかったわけだが。

しかし悟空がそれまでの人生で「口が堅い」とされていたのは本当だろう。
おそらく悟空は、本質的に他人に対してあまり興味がないのだ。
だから秘密を共有したり、内緒にすることで相手の関心を買うという行為をしたことがなかったのであろう。
22:名無しさん@おーぷん: E1r
界王悟空<地球べジータ<<<<<リクーム<<界王ヤムチャ
24:名無しさん@おーぷん: Jwl
別に伏線とかある物語じゃないしちょっとした矛盾なんて気になんないけどな
25:◆S.PtdgMO6E65h
【フリーザ様が惑星ベジータを滅ぼしたのは30年前?】

原作中、悟飯が誰の子かを推察する際に、「惑星ベジータは30年前に滅ぼしたはず」とフリーザは回想していた。
しかしこの時点での悟空の年齢は25才前後であり、史実と微妙に食い違っている。
フリーザの記憶違いである可能性もあるのだが、もしかするとこれは宇宙船の速度が亜光速に達していることが原因かもしれない。
フリーザの主観では30年前だが、長く移動することを繰り返した結果、5年分のウラシマ効果が発生し、実際には25年しか経っていなかったという説である。
これを裏付けるものとして、ベジータとナッパが地球に到達するまで一年もの歳月がかかったことがあげられる。
睡眠中とはいえ、大食漢のサイヤ人を一年間も体を維持できる食料が、あの宇宙船に入っているはずがない。
また、生命維持装置を使っているとはいえ、やはりあの重態のベジータが一週間以上も無事でいられるとは思えない。
あの宇宙船はやはり亜光速で移動し、本人の主観的には一瞬の出来事に思えてしまうのだろう。
26:◆S.PtdgMO6E65h
【ナメック星人の再生能力について】

ナメック星人の再生能力はすさまじい。
手足の切断はもとより、外傷を一瞬のうちに直してしまう事ができる。

しかし実際にはナメック星人は腹を貫かれれば死ぬし、衝撃によるダメージでも頸関節骨折でも死んでしまう。

ダメージに再生能力が間に合わない場合、あるいはそもそも体力である「気」が尽きている場合は再生そのものが不可能なのだ。
これは純粋ブウを元気玉で吹き飛ばして倒したのと同じ理屈であろう。
27:◆S.PtdgMO6E65h
【神様はユンザビットで食料が足りなくてきつかった?】

少年時代の神様が、ユンザビットを振り返り「あそこは食料がほとんどなくてつらかった」と回想している。
しかしこれは後に判明するがナメック星人は生命維持にカロリーが必要なく、水だけで済むという事実と矛盾する。
これは「ナメック星人はモノを食べることができるが実際には必要ない」のが原因と思われる。
つまり、作中でピッコロは何度も仙豆によって体力を回復しているわけだが、
もし「食べる」という行為そのものが不可能であれば成立しない

これはナメック星人であってもモノを食べる事ができる事を示している。
神様も少年時代にユンザビットの数少ない食料を口に入れたのだろう。
食料が足りなくて辛かったというが、本当につらかったのはおそらく食料がなかったことよりも「水」あるいは「日光」が足りなかったのではないか。
ナメック星には夜がないらしく、常にエネルギーを浴びることができる。
おそらくナメック星人は水と自らの緑色の体を使って太陽エネルギーを吸収し、栄養としているのだ。
だからこそ異常気象によって滅亡寸前にまで至ったのであろう。
29:◆S.PtdgMO6E65h
【戦闘力をコントロールできる種族】
作中、戦闘力、すなわち気の増減をコントロールする技術を有する種族は「めったにいない」と称された。
しかし実際にはデンデを含むナメック星人、地球人、セル、界王といった多くの人物がそれを行っている。

地球における武術家の多くは、「神(カタッツの子)」による薫陶を直接・関節的に受けている。
Z戦士はもちろん、おそらくは訓練をうけたであろうカリン様や、その弟子たる亀仙人までもがそうであろう。
すなわち、地球人および一部のサイヤ人の気のコントロール技術は、一人のナメック星人の手によって習得されたものである。
彼らのこの技術は神様の技術に由来し、究極的にはナメック流と呼ぶことができるかもしれない。
これを考えるとナメック流以外での「気のコントロール」が可能であったのはギニュー隊長ぐらいではないだろうか?
フリーザの100%は変身の亜種という感じだし、界王様も界王拳を習得できなかったことから、気のコントロールには長けていなかったと思われる。
30:◆S.PtdgMO6E65h
【映画版は平行世界?】

DBは、「ちょっとしたことでいくつもの平行世界ができてしまう」という描写がある。
映画版は時期的に矛盾するものが多いのだが、この平行世界理論で解決できるものが多い。

・ターレス→Z戦士全員が生き残りベジータとナッパを撃退したorそもそも地球に来なかった未来
・スラッグ→ナメック星でクリリンと悟飯とブルマが無事に願いを叶えて地球に戻ってきた?orそもそもフリーザがナメック星にこなかった未来
・クウラ→フリーザを悟飯が倒し、瞬間移動を身に着けずに地球に戻ってきた未来
・メタルクウラ→クウラの続編
・人造人間15号→人造人間20号をベジータまたはtrunksがやっつけた未来
・ブロリー→完全体になるまえにベジータまたはtrunksがやっつけた未来
・ボージャック→セルゲーム直後※史実に組み込んでも問題ない作品
・バイオブロリーブロリーの続編で、第25回天下一武道会が開催されなかった未来
・ジャネンバ→ゴテンクスがブウを倒した未来
・ヒルデガーン→ブウ編直後※trunksの未来でも発生した?
37:名無しさん@おーぷん: lmD
>>30
クウラの所は悟飯やなくて、悟空が元気玉でフリーザを倒しきれた世界ちゃうか?
39:◆S.PtdgMO6E65h
>>37 間違えたンゴ その通りやね
42:【12円】【超吉】【74】: GkR
>>37
だったらメタルクウラの映画にベジータが出てるのはおかしい
43:◆S.PtdgMO6E: BdR
>>42

ピッコロ復活→ドラゴンボールでベジータ復活
の流れじゃない?
31:◆S.PtdgMO6E65h
とりあえずここまで。
みんなも考察できることあったらバンバンかいてええんやで
32:◆S.PtdgMO6E65h
もうちょっと続くんじゃよ

【悟飯は極悪人だったのか?】

悟飯は作中で「今日死んだものをすべて生き返らせてほしい。ただし極悪人を除いて」という条件で生き返れたはずなのに、
なぜ神殿の関係者は悟飯を死んでしまったものと考えていたのかについての考察。

そもそも「極悪人」とはどういう定義なのか?

それはおそらく「重要な法を何度も犯した人間」と定義されることだろう。

これは大量殺人を行ったバビディやベジータが当てはまるのは当然なのだが、実は悟飯も重大な法律違反を犯している。
それは「悪事を働く人間を、誰にも無許可で勝手に裁いている」という点である。
現行犯とはいえ、なんの資格もない一般人が私刑を行っているのだ。
これをもって神龍が悟飯を「極悪人」としたのではないかと考えることも可能である
33:◆S.PtdgMO6E65h
【精神と時の部屋の定員】

作中、精神と時の部屋の定員は2名であるとされた。
しかし実際にはピッコロ、ブウを含めた4人までが精神と時の部屋に収納されても問題なかった。
ここから察するに、おそらく定員である2名を超えると、「閉鎖世界ではあるが時の流れが外界と変わらない世界」になってしまうのだろう。
食料問題であれば仙豆を大量に持ち込めば解決するのである。
34:◆S.PtdgMO6E65h
ちなみに、超の方はもう考察するのが嫌になるぐらい矛盾だらけ

・界王神と破壊神は一心同体で12の銀河のそれぞれのトップ
→そもそもあの無能神は東の宇宙の界王神であり、東西南北の界王神を統一する大界王神がいるはずである。
 破壊神との一体化は各宇宙の東の界王神とするものなのか?それとも無能神が大界王神の代理なのか?
 いずれにしても説明がない矛盾である
35:名無しさん@おーぷん: spZ
ヤムチャが繰気弾とかいって気を動かすだけの技を自信満々に繰り出したこと
動かすだけなら悟空やクリリンでもできるし当たってもクソ
36:名無しさん@おーぷん: g2S
面白い
38:◆S.PtdgMO6E65h
ドラゴンボールの気功波にはいくつかの属性がある。
・衝撃→どどん波、かめはめ波
・貫通→魔貫光殺砲、気円斬、ベジットソード
・電撃→ラディッツの気功波、元気玉(ベジータ)
・消滅→汚い花火
・炎熱→フリーザビーム(カルゴ)、悟飯の恐竜しっぽ焼き

だが、何度も使う技の中には、属性が変わっているものも少なくない。
例えばかめはめ波は基本的に衝撃系の技なのだが、場合によっては炎熱ダメージ(タコ焼き)や消滅(ドラム)になることも少なくない。
元気玉も基本的にはフリーザ、純粋ブウに放ったような衝撃・消滅技なのだが、ベジータ編では電撃属性だった。
41:◆S.PtdgMO6E65h
あ、でも超サイヤ人になってるから悟空が舐めプしなかった世界かも
引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1496483454

★厳選記事★
★ドラゴンボール速報Twitterのフォローはこちらです★


2ちゃんねるまとめのまとめ

【悲報】ドラゴンボール超、5秒で矛盾する

ドラゴンボール超 未来トランクス編の矛盾って

ドラゴンボール外伝転生したらヤムチャだった件が思ったよりドラゴンボールしてて面白い

【画像あり】フリーザよりさらに強い敵キャラ、登場する

レオパレスのNHK受信料は入居者負担!NHKが逆転勝訴!今後ホテルの客も受信料を払わなければいけなくなる可能性…

赤ちゃんが今にも寝落ちそうな姿がキュート♡眠気と戦い負けるまでの必死の戦い(動画あり)

【悲報】悟空、親友を殺したフリーザを仲間に加入させる

ベジット「カカロットとベジータがフュージョンしてベジットってところか…そんでこいつが超ベジット!!...

【速報】スーパーサイヤ人3のナッパwww【画像有り】

【画像あり】ドラゴンボール超 フリーザさん、ガチのマジで仲間になるwwwwwwwww

ドラゴンボール超 フリーザの仲間になる条件ってなんだろうな?

ギニュー特戦隊で一人思い出せない奴がいるんだが…

なんかドラゴンボール超でフリーザと共闘するらしいけどさ

鳥山明「ブウは一度寝たら2ヶ月は起きないぞ」

ドラゴンボール超のザマス編の結末って鬱すぎないか?

ドラゴンボール超は敵がださすぎる
ドラゴンボール超 おすすめ実況まとめ

ドラゴンボール超 第93話 反省会

ドラゴンボール超 実況 第93話「10人目の戦士はおめえだ!悟空フリーザのもとへ!!」

ドラゴンボール超 第92話 反省会

ドラゴンボール超 実況 第92話 「緊急事態発生!そろわない10人のメンバー!!」

ドラゴンボール超 第91話 反省会

ドラゴンボール超 実況 第91話「勝ち残るのはどの宇宙だ!? 続々と集う最強の戦士たち!!」