悟空

1:
~本屋~

悟空「外に傘立てあっただろ? そこに置いてこいよ」

ベジータ「フン……この傘は5万ゼニーもした高級品だ。傘立てに置いて盗まれたら、誰が責任を取る」

ベジータ「店は責任など取らん。ならば、盗まれないよう常に持っておくのが当然だろう」

ベジータ「そんなことも分からないのか。バカめ」

悟空「オラ、そういうこと言ってんじゃねえ。本が濡れちまったらどうすんだ? って聞いてんだ」

悟空「おめぇの傘で本が濡れちまったら、その分の損失を取り戻すために本屋がどれだけ苦労するか知ってんのかぁ?」

悟空「本屋は委託販売だからよ、1冊の本がダメになっちまったら、何冊も売らねぇと損失を取り戻せねぇって聞いたことあっぞ」

ベジータ「……なら濡らさなければいい! それだけの話だろう!」

悟空「だからよぉ、万が一濡らしちまったらおめぇどうすんだ? って聞いてんだけどなぁ」

ベジータ「チッ……濡れた本をオレが買い取ればいい。これでどうだ」

悟空「ん~……そういう話じゃねぇんだよなぁ。そもそも、濡れた傘を持ちこむって行為そのものがマナー違反で」

ベジータ「黙れ! ごちゃごちゃと煩い奴だ! 傘用のビニールが無いのだから仕方ない! だいたい、貴様は何をしている!!!」

悟空「いっ? オラか? オラ立ち読みしてんだ」
2:
なんだこれ
7:
ベジータが雨で傘なんかさすのか
8:
コンビニ編は面白かった
http://dragonballsokuhou.net/archives/sb1097.html
11:
悟空が本屋へ行くわけ無い
13:
 
お前ら傘要らんだろ
14:
悟空「いやー、ここらでうめぇラーメン屋があるって聞いたからよぉ。グルメ雑誌で探そうと思って」

悟空「えーっと、なんつったかなぁ……『げんきいっぺぇ』だっけか?」

ペラペラ

ベジータ「立ち読みはマナー違反ではないのか!? 貴様がその雑誌を買わないことで店に損失が出ているだろう!」

悟空「おいベジータぁ。おめぇ、何言ってんだぁ? オラがこの雑誌買わなくても、損失にはなんねぇだろぉ?」

悟空「はなっからこの雑誌を買う気はねぇんだし……紐で結ばれてれば読むの諦めて帰ぇる程度のモンだ」

悟空「それに、商品に傷をつけたりしてダメにしてるわけじゃねえんだからよ。損失ってのは言いすぎだぞぉ」

ベジータ「その雑誌の中身を読むためには対価を払う必要があるはずだ!!!」

悟空「だけどよぉ、この雑誌コーナーに『立ち読みは御遠慮ください』って書いてねぇぞぉ? だろ?」

悟空「おっ! もしかしてオラにだけ見えねぇ特殊な貼り紙でもあんのかぁ? あったら言ってくれよ、な?」

ベジータ「墓穴を掘ったな、カカロット! この店に『濡れた傘を持ちこむのはご遠慮ください』とは書いていない!」

ベジータ「つまり、オレの行いも正当化されるわけだ。どうだ? そうだろう」

悟空「ひゃ~! おめぇも分からねえやつだなぁ。本が濡れちまったら損失になるのは間違ぇねぇだろうが。話が全然ちげぇぞぉ」

ベジータ「貴様が立ち読みをしていて、その本を汚したらどうだ! その汚れを見て他の客が買うのを躊躇ったら損失だろう!」

悟空「オラ、ぜってーにこの雑誌を汚したりなんかしねえ!!!」
17:
ベジータ「言葉でならなんとでも言えるだろう。万が一、その雑誌を汚したりしたらどうする気だ」

悟空「万が一なんてねぇ! オラ、ぜってーに汚したりしねぇぞ!!!」

ビリッ

悟空「やべっ! 破いちまった!」

ベジータ「ハッハッハッー! バカめ、熱くなって雑誌を破りやがった。呆れた奴だぜ」

悟空「あ~あ、やっちまったぁ……。ん? おいベジータ、おめぇの傘でそこの本が濡れちまってるぞ?」

ビチャビチャ

ベジータ「な、なにぃ!? しまったぁ! オ、オレとしたことが……!」

悟空「ベジータぁ、おめぇその本買い取るよなぁ? ハッハー! オラちゃんと聞いてたからなぁ~」

悟空「『濡らしたら買い取る』って言ったよな? な? 『言ってねぇ』とは言わせねぇぞぉ」

ベジータ「だ、黙れ! 買い取る……買い取ればいいんだろう!」

悟空「ハッハ。んじゃあ、帰ぇるか。破いちまった雑誌は奥の方に隠してと……よーし、これならバレねぇ」

ベジータ「おい!!! カカロット!!!」

悟空「いっ!?」
16:
悟空うぜえ。
19:
ブロリー店長「お前らを血祭りに上げてやろうか」
20:
ベジータ「貴様はその雑誌を買い取らないのか!?」

悟空「だ、だってよ。破いたってもほんの数センチだし……目立たねぇから……」

ベジータ「いいわけがないだろう! おい! 店員!」

悟空「わっ! わかった! 買い取る! 買い取るからよ! 店員は呼ばねぇでくれ!」

悟空「オラ、自分に非がある状況で店員相手にすんのスッゲー苦手なんだ! 頼む!」

ベジータ「フン、なら初めからそうすればいい……」

悟空「っかー! こんなグルメ雑誌のために金払うなんてなぁ……」


ピッコロ「ん? 悟空……それにベジータ。珍しいな、お前たちが本屋にいるとは」

悟空「お? ピッコロ! いやー、聞いてくれよぉ。実はさ…………いぃ!?」

ベジータ「どうした? なっ…………! なぁっ…………! ピッコロ、貴様……!」

ピッコロ「……? どうした。オレの顔に何かついているのか? オイ、何を驚いている」

悟空「あっ……ああっ……! ピ、ピッコロ……お、おめぇ……!」

ベジータ「っ…………! な、なんてやつだぁ………!」

ピッコロ「なんだ……?」
ワイ、ブラインドタッチを習得することを決意
21:
悟空「……ピ、ピッコロ………!」

ベジータ「…………し、信じられん……!」

ピッコロ「……なんだ?」


店員A「50円のお返しです。ありがとうございましたー」

店員B「あざっしたー」


悟空「…………な、なんてこった…………!」

ベジータ「…………っぐ、うぅ! はぁ……はぁ……!」ガクガク

ピッコロ「……? おい、どうした?」


子供「ママー! この漫画買ってー!」

母親「しょうがないわねー」


悟空「あ……ああ…………」

ベジータ「ぐっ…………うぐぐ………」

ピッコロ「…………だから、なんだ? 何を驚いている?」
22:
悟空「ピ、ピッコロ……おめぇ……!」

ベジータ「…………イカれてやがる……………!」

ピッコロ「……?」


客「すいません、探してる本があるんですけど」

店員「はい、少々お待ちください」


悟空「おめぇ……そ、それ…………!」

ベジータ「なんてやつだ……! ま、まさか…………!」

ピッコロ「いい加減にしろ! 何をそんなに驚いている! 答えろ!」


子供「ママー、今日のお夕飯なぁに?」

母親「そうねー」


悟空「だ、だって…………ピッコロ、おめぇ……!」

ベジータ「自分で気づかないのか…………!?」

ピッコロ「何がだ!?」
23:
悟空「あ、ああ…………うあぁ………ああっ……!」

ベジータ「ぐ………っぐぅ……! うぅ…………!」

ピッコロ「なんだ!?!?!?!? おい!!!!!!!」


店員「すいません、お探しの本は在庫が切れてまして……」

客「ああ、そうですか……」


ピッコロ「おい! なんだ!!!!! 答えろぉ!!!!」

悟空「だってよ……おめぇ、なんで…………!」

悟空「なんでこのせめぇ店内に、スーツケース持ち込んでんだぁ!?」

ベジータ「邪魔になるとは考えなかったのか……!?」
24:
ピッコロ「そんなことか……散々もったいぶりやがって……。旅行帰りだ、仕方ないだろう」

悟空「し、しかたねぇって……おめぇ……本気で言ってんのか……!?

ベジータ「正気か……!?」

ピッコロ「ここは駅中の本屋だ。スーツケースを持った客がいてもおかしくはないだろう」

悟空「だ、だけどよ……ただでさえせめぇ店内なのに、そんなスーツケース転がしてうろついたら……!」

ベジータ「い、今すぐそいつを店の外へ置いてこい……! はやくしろぉ! どうなっても知らんぞ……!」

ピッコロ「何を怯えている? オレはあっちの絵本コーナーに用があるんだ。パンのために買ってやろうと思ってな」

悟空「あ、そうなんか……サンキュー」

ピッコロ「フン。オレはパンと悟飯のためにやっているだけだ。わかったらはやくそこをどけ」

コロコロコロ

ガッ

悟空「うぎゃああああああああああああああ!!!!」

ピッコロ「な、なんだ!?」

悟空「ピ、ピッコロのスーツケースの車輪が……オ、オラの足の踵に……! ぐ、っぐあぁ……! あ、あああ、ああ……!」

ベジータ「あ、悪夢だ……!」
25:
ピッコロ「おい悟空、ふざけているのか? たかがスーツケースで……」


客A「きゃあああああああああああっ」

客B「うわあああああああああっ! す、スーツケースだぁ!」

店員「ひ、ひぇぇ……! お、おしまいだぁ!」

子供「うわーん! ママー!」

母親「逃げるのよ! さあ!」

店長「お客様! 困ります、ああ、お客様! ああ!」


ピッコロ「なっ……! なんだこれは……!」

悟空「ピ、ピッコロぉ……! は、はやくそいつを……! 店の外に……! ああ、ぁぁぁっ! あ、ああっ」
28:
ピッコロ「これはただのスーツケースだ! そんなに怯える必要は……!」

ガンッ

ドササササ

ベジータ「おい! 積んであった本が崩れたぞ! 何をしている!」

ピッコロ「あ、す、すまない……片づける」

ガッ

ベジータ「ッチィ! スーツケースが棚にぶつかっている! 傷つけるな!」

ピッコロ「いや、そんなつもりは……」

ベジータ「ええい! いいから早くそいつを店の外に置いてこい!」

ピッコロ「わ、わかった……」

コロコロコロ

ガッ

ベジータ「ぬおぁ!?!?!? がぁぁあぁぁぁぁぁぁあ!!!!!!!」

ピッコロ「なんだ!?」

ベジータ「や、やりやがった……! ハァハァ、まさか、このオレの脛にスーツケースの角を当ててくるとはな……!」
29:
悟空「こ、このままじゃ……店ん中がめちゃくちゃになっちまう……! なんとかしねえと……!」

ベジータ「無駄だ……! 本屋にスーツケースが持ち込まれたら最後……!」

ベジータ「店の中が破壊しつくされるまで惨劇は終わらん……! お、おしまいだ…………!」

悟空「いや、まだ手はある……! ピッコロぉ! スーツケースをオラに向かって転がせぇ!」

ピッコロ「あ、ああ」

コロコロコロ

悟空「今だ!」

ビシュン

ベジータ「瞬間移動……! そうか!」

ピッコロ「お、オレのスーツケースが……!」


~界王星~

ビシュン

悟空「ふぃー、あぶなかったなぁ」

界王「な、なんだぁ!? 悟空~?」

悟空「わりぃ、界王様。ここしか思いつかなかったんだ」
30:
悟空「このスーツケース、預かっててくれぇ」

コロコロコロ

界王「預かってくれって、この間レジスターを預かったばかりなのに……」

界王「ここはお前の物置じゃないんだぞ~。まったく~。毎回毎回、余計な物を持ち込むんじゃない!」

悟空「かてぇこと言うなよぉ。んー、じゃあこのスーツケースぶっ壊しちまうか」

悟空「よっと」

ポイッ

悟空「かぁ~めぇ~はぁ~めぇ~」

キュイイイイイイイイイイイイイン

悟空「ぅあああああああああああああああああっ」

ギュォォォォォォォォォォォォォォォン

悟空「おーっし、粉々になったぞぉ! じゃな、界王様」

ビシュン

界王「あ、お、おい! 悟空~! な、なんなんだあいつは」
31:
~本屋~

ビシュン

悟空「みんな、安心してくれぇ! スーツケースもうねぇぞぉ!」

客「た、助かったぁ……!」

店員「一時はどうなることかと……!」

ベジータ「フン……ひとつ貸しができたな……」

ピッコロ「ご、悟空。オレのスーツケースは……?」

悟空「でぇじょぶだ。粉々にしちまったから、もうドラゴンボール使ったって復活できねぇはずだ」

ピッコロ「なっ……!」

店長「お客様、有難うございました! あなたは我々の恩人です……!」

悟空「いいっていいって」
32:
店長「あの、何かお礼がしたいのですが……」

悟空「礼ぃ? んー、そうだなぁ。あっ! そんじゃ、ちょっと頼みがあるんだけどよっ!」

店長「はい。何なりとおっしゃってください」

悟空「オラ、さっきあそこにあった雑誌破いちまってよぉ。無かったことにしてくんねぇか?」

店長「…………は、はい」

ベジータ「ついでにこの濡れた本もだ! 何が『慎語事典』だ! ふざけやがってぇ!」

ベジータ「次からは傘用のビニールを用意しておくんだな!!!」

店長「…………す、すいません」

悟空「また立ち読みしにくるからよ! じゃあな!」

ベジータ「ッチ、またくるからな! それまでにビニールを用意しておけ!」

店長「ま……またのご来店を…………」

ピッコロ「スーツケースが…………スーツケース…………」

ナレーター『ピッコロのスーツケースの野望は、はかなく散った』

ナレーター『スーツケース持ちの人間がその欲望を丸出しにする時、また新たなスーツケースが本屋に現れるかもしれない』

ナレーター『だが、その時はまた、孫悟空たちがいる』
33:
悟空『オッス! オラ悟空!』

悟空『ピッコロのやつ、やけに落ち込んでんなぁ』

悟飯『お父さんが消しちゃったスーツケースの中に、僕たちへのおみやげが入ってたらしくて……』

悟空『いぃ!? なんだぁ、わりぃことしちまったなぁ。おいピッコロぉ、元気出せよ』

ピッコロ『どこだ……オレのスーツケース……』

悟空『次回! ドラゴンボール超! 「彷徨うピッコロ! オレのスーツケースはどこだ!?」』

悟空『ぜってーみてくれよな!』

END
18:
カカロット死ね
★おすすめ記事★
★ドラゴンボール速報Twitterのフォローはこちらです★
スーパーサイヤ人←わかる

【朗報】ワイトランクス、ガチでセルを超える

野沢雅子ってドラゴンボール1話30分のギャラは15万円らしい

ドラゴンボール カリン塔に如意棒突き刺して神様の場所へ行く設定は後付設定ではない

トランクスや悟天に尻尾が生えてないのはおかしい

野沢雅子ってドラゴンボール1話30分のギャラは15万円らしい

【速報】ヤマダ電機がグランドオープンしたと思ったら閉店してた

ワイ、ブラインドタッチを習得することを決意

ドラゴンボール カリン塔に如意棒突き刺して神様の場所へ行く設定は後付設定ではない

悟飯はあんなに可愛がってたハイヤードラゴンをどこやっちゃったの?

何故日本のオタクは外国の中で特にドイツが好きなのか

【画像あり】ベジータのこれ真似して指骨折した奴wwwwww

フリーザ様についてすごいことに気付いた

悟空みたいな超最強キャラの目に針ぶっさしたらどうなんの?
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1447504207